Adblockなどの広告ブロック機能が有効のためサイトが表示できなくなっています。

このサイトでの広告表示を有効にしてください。

れんと「押すとC3部の誰かがディスられるボタンですぅ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:31:23.59 ID:2RBP9VNf0

扉「ガラララ」

れんと「みなさんこんにちはですぅ」

カリラ「おおれんとか」

ほのか「こんにちはー」

れんと「あれ? ゆらぴょんはお休みですか?」

八千代「風邪だってさー」

れんと「そうですか…残念ですぅ」

八千代「ずっと休んでりゃいいのに…」

れんと「っ…!?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:32:50.23 ID:2RBP9VNf0

ほのか「ちょっとそんな言い方ないでしょ八千代!」

八千代「だってさー、本当はみんなもそう思ってるでしょ? 正直ゆらっちがいると雰囲気悪いじゃん?」

れんと「そんな…!」

カリラ「まあ…否定はしねえよ」

八千代「なんつーか張り切りすぎって言うか?空気読めてないって言うか?」

ほのか「…」

れんと「で…でもゆらぴょんはゆらぴょんなりに頑張って…」

八千代「それがウザいんだって! 別にこっちはアンタに指図される筋合いはないっつーか?」

カリラ「何様のつもりだ、って感じだよな」

ほのか「まぁ…ねぇ…」

れんと「みんな……」

 
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:35:42.54 ID:2RBP9VNf0

れんと「…がっかりです」

カリラ「え?」

れんと「みんなにはがっかりです!」

八千代「何言ってるのれんちゃん?」

れんと「皆さんはゆらぴょんのことを何もわかっていません」

カリラ「はぁ?」

れんと「だから…わからせてやります!」

れんと「てれれれってれーん!」

れんと「押すとC3部の誰かがディスられるボタンですぅ!」







5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:38:24.91 ID:2RBP9VNf0

カリラ「何だよその物騒なボタン!」

れんと「その名の通り押すと誰かが盛大にディスられます」

ほのか「どうしたのよそれ!!」

れんと「企業秘密ですぅ」

八千代「れれれんちゃんそれどうするつもり…?」

れんと「…」

れんと「皆さん知っていますか?中学生時代のゆらぴょんを」

カリラ「はぁ!?」

れんと「彼女は孤独だったんです」

れんと「友達も、仲間も、誰もいなかったんです」

れんと「そんな彼女がようやくサバゲーと向き合ってくれたんです」

れんと「私達のために必死で頑張ってくれてるんです」

八千代「そりゃそうかもしれないけどさぁ…」

 
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:40:46.59 ID:2RBP9VNf0

れんと「それをよくもああ言えたものです…」

カリラ「…」

ほのか「そ…それとそのボタンに何の関係が…?」

れんと「みんなも一度ハブられる恐怖を味わうがいいですぅ!」

れんと「そうすればみんなもきっとゆらぴょんのこと理解してくれるはずですぅ!」

八千代「えっ…えっ!?」

れんと「そーれ、ぽちっとな」

 
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:44:04.08 ID:2RBP9VNf0

八千代「ッ―!?」

カリラ「……!!」

ほのか「……?」

カリラ「んだよ…何も起こんねーじゃねえか」

八千代「ポンコツじゃんね! ポンコツなのはその頭だけにしなよ」

ほのか「本当、図体はでかいのに脳みそはちんちくりんなんだから」

カリラ「喋り方も気持ち悪いしな」

ほのか「だいたいゆららちゃん連れてきたのもれんとだし、厄介事を持ち込んでくるのはいつもれんとなんだから」 

れんと(あー私になっちゃいましたかー)

www.dotup.org4382751

 
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:45:49.33 ID:1roHUbxf0
アカン…
 
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:46:31.83 ID:2RBP9VNf0

カリラ「試合でもろくに活躍しねーし、ポジション荷物持ちに改名したほうがいいんじゃね?」

八千代「アハハハハwww荷物持ちwwwwwwwwwお似合いじゃんねwwww」

ほのか「そのゆるゆるな喋り方って癇に障るのよ、脳髄もゆるゆるなの?」

カリラ「つーかもう喋んなよ木偶の棒」

八千代「でwwwwwwくwwwwのwwwwwwwwぼwwwwwwwうwwwwwww」

れんと(割と心に来ますねぇ)

カリラ「つーかずっと突っ立ってんじゃねえよ邪魔臭い、床にでも転がってろ棒」
 八千代「wwwwwwwwwwwwwwwwwww」

れんと(そろそろですかねぇ?)

 
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:47:40.01 ID:39+Qk/yh0
おいおい…こえーな
 
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:49:11.93 ID:2RBP9VNf0

カリラ「って…え!? オレは何を…」

ほのか「何で…口が勝手に…」

八千代「ゴゴゴメンれんちゃん!!」

れんと「別にいーですよー」

れんと「さーて次は誰になるんでしょうねー」

八千代「ちょっと待って…じゃあ次は私達の誰かがさっきのれんちゃんみたいに…!?」

カリラ「や…やめろぉれんと!!」

れんと「結局自分が大事なんですねぇ」

ほのか「お願いれんと!やめて!」

れんと「さぁ次いくですぅ!」ポチ

ほのか「やめ……」

 
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:53:51.14 ID:2RBP9VNf0

れんと「さあ誰がディスられるんですかねーぇ?」

カリラ「くっ…」

れんと「また私ってオチ…じゃあないようですねぇ、ほーのちゃん」

ほのか「えっ…!?」

れんと「ほのちゃん、部のまとめ役みたいなツラしてますけど実際何の役にも立ってませんよね」

カリラ「金のやりくりだけだな、あとその牛みてーな乳しかとりえねーし」
 八千代「ぶっちゃけいる意味ないじゃんねwwwwwwwwwww」

れんと「巨乳枠なら私だけで間に合ってるですぅ」 

ほのか「な…何よ!!皆いつもそんなこと思ってたの!?」

tv1375378880008

tumblr_mq82fdN0UQ1qzvtljo1_1280

tv1375376790538

 
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:56:52.10 ID:2RBP9VNf0

カリラ「あとは…もう話すことねえな、ほのかお前特に目立った出番無かったし、つまんねー女だな」

八千代「モブキャラじゃんねwwwwwwwwwwww」

れんと「いつも陰で誰かしらの悪口言ってそうですぅ」

カリラ「あと、この設定覚えてる奴いないだろうけど一応言っとくぞ」

カリラ「B L と か 超 気 持 ち 悪 い ん だ け ど」 

ほのか「―――!!」

れんと「あとは特に話すことないんで次いくですぅ」ポチ

 
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:57:56.12 ID:KuPbMmff0
ひどいw
 
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:58:48.66 ID:2RBP9VNf0

ほのか「大体モブキャラとかどの口が言うのよ!!」

八千代「えっ?」

ほのか「アンタ今まで一度でも何かした? 何かしら貢献した? いる意味あった?」

八千代「えと…ほら…無人島の時とか何人か倒したし」

ほのか「あんなモブキャラ連中倒すことなんて誰だってできるわよ!」

八千代「うぅ…」

tv1375376085519

 
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:01:26.87 ID:2RBP9VNf0

カリラ「つーかお前あのときいたっけ?」

八千代「えっ」

カリラ「そもそもお前今まで本当に参加してたのか?」

ほのか「今までほっとんど出番無かったし『八千代って誰だよ』って人もいるんじゃない?」

れんと「アホ毛しか特徴ありませんし」

カリラ「ただでさえ目立たないスナイパーなのに本人がこの雑魚とかいてもいなくても同じだろ」

れんと「モブキャラ以下ですぅ」

八千代「うぅ…」

ほのか「そのくせ口だけは一丁前とか本っ当にどうしようもないわね、最初からいないほうがマシだったんじゃないの?」 

れんと「あとキャラが某落語漫画の着ぐるみさんと丸かぶりですぅ」

 
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:06:31.59 ID:2RBP9VNf0

れんと(時間ですぅ)

八千代「ぅぐ…ヒック…えぐ…皆ひどいです…」

カリラ「ス…スマンハチ!! こ…これは…そのボタンのせいだ!!そのボタンが全部言わせてるんだ!!」

ほのか「そうよ!! そうでしょれんと!!」

れんと「はぁ…皆さんもおばかさんですねぇ」

カリラ「あ゛ぁ!?」

れんと「これは『押すと誰かがディスられる』だけでその内容までは干渉しませんですよ?」 

れんと「つまり言ってることはー…その人の本心じゃないんですかねぇ?」

カリラ「なっ…」

 
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:11:00.52 ID:2RBP9VNf0

ほのか「…そういうことなのカリラ?」

カリラ「ちっ…違…」

八千代「いつもそんなこと思ってたの皆…!!」

れんと「宴もたけなわなところですが次いきますねー、順当にいけば次はカリちゃん先輩でしょうかねぇ?」

カリラ「まっ…待てぇ!!!!」

ほのか「させないわ」ガシ

カリラ「ッ!? 何しやがるほのか!!」

八千代「この期に及んで自分だけ助かろうなんて通らないじゃんね!!」

ほのか「ここまで来たらあなたにもぶちまけさせてもらうわよ!!」

八千代「れんちゃん早く押して!!」

れんと「もうボタンはいらないかもしれませんが…まあお言葉に甘えて」ポチ

カリラ「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

 
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:17:00.39 ID:2RBP9VNf0

ほのか「さっきから散々言ってたけどアンタだって派手なだけで対したことないじゃない!!」

れんと「典型的かませですぅ」 

ほのか「そのちゃんにも勝てない、凜さんにも勝てない、ゆらちゃんには逆らえない」

カリラ「いやゆらにh」

八千代「だいたい一人称『オレ』って何?キャラ付け?正直痛いんですけど?」 

カリラ「それはっ…」

ほのか「何を狙ったの?カッコイイと思ったの?今まで恥ずかしくなかったの?」

八千代「正直聞いてるこっちが恥ずかしいんだけど」

れんと「変態ですぅー! ホンモノのヘンタイさんですぅー!」

004

 
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:22:23.19 ID:2RBP9VNf0

ほのか「口は悪いし短気だし頭は悪いし痛いしかませだし…あなたも必要ないんじゃない?」

れんと「ロング枠なら私がいるですぅ」

ほのか「あとよく壁を走ってるけどあれ設備が汚れるって文句言われるのよ、やめてくれない?」

ほのか「そんなに走りたいんなら家でやりなさいよ、正直目障りなの」

八千代「あれ敵は驚いてるんじゃなくて呆れてるだけだからね、カリちゃんはかっこいいと思ってるんだけどさぁ」

カリラ「うるせぇ…」

八千代「ん?」

カリラ「うっせぇんだよ糞がああぁ!!」ズガガガガガ

 
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:27:03.08 ID:2RBP9VNf0

ほのか「何?何も言い返せないから暴力?かわいそうな頭ね」 

八千代「それでよくもまあ人をポンコツ扱いできたね」

カリラ「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛! ! ! ! ! ! ! !」バババババババババ

八千代「痛っ!!」

ほのか「チッ…よくもやってくれたわねカリラ!!」バァンバァン

カリラ「うるせぇ黙ってろやああああああ!!!!」ガガガガガガガ

八千代「ちょっ…やめtカリちゃ…痛いから本当に!」

ほのか「黙るのはあなたよ脳筋バカ!!!」ババァン バァン

八千代「痛い痛いい゛だ゛い゛ぃ゛ぃ゛!!」

れんと「地獄絵図ですぅ」

 
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:30:12.32 ID:39+Qk/yh0
主人公登場は…これからかな~
 
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:31:49.45 ID:2RBP9VNf0

れんと「やっと収まったですぅ」

八千代「イタイ… イタイ…」

ほのか「はぁ… はぁ…」

カリラ「…いだ」

れんと「え?」

カリラ「全部お前のせいだあああぁぁ!!!!!!」

れんと「きゃー」

 
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:34:07.10 ID:2RBP9VNf0

カリラ「ぁあ゛っ!?」ドシャァ

れんと「サバゲーならまだしも取っ組み合いの喧嘩なんて…体格差も考えられないんですかぁ?」←172cm

カリラ「ぐぅ…」←159cm

そのら「よーっすって何だこりゃ!?」

れんと「そういえばそのちゃん先輩のこと忘れてました」

そのら「何だ!! 何があったカリラ!ほのか!八千代!」

カリラ「その…ちゃん…」

 
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:38:27.41 ID:2RBP9VNf0

そのら「喧嘩にしちゃあまた随分とド派手にやらかしたなぁ、何だ?何が原因だ?」

八千代「う…」

ほのか「………」ギロ

カリラ「そもそもゆらが変わったのってお前のせいだよな…」

そのら「は?」

ほのか「あんたがあの時余計なこと言ったせいで…」

そのら「いや何を…」

八千代「………」

れんと(どうやらこのボタンはもう必要ありませんようですねぇ)

れんと「それでは後は皆さんだけでお楽しみくださいですぅ」スタスタ

 
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:40:55.29 ID:2RBP9VNf0

               次の日

れんと「こんにちはーってうわぁ…これはひどいですねぇ」

れんと「BB弾は散乱して備品はぐちゃぐちゃ…あ、ここ血がついてますねぇ誰のでしょう?」

れんと「はぁ…まずは掃除ですねぇ」

 
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:44:19.60 ID:N9JSDIpy0
そのちゃんがあの時優しく諭していればまったく違うアニメになってたな
 
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:44:21.42 ID:cGHjxU7b0
このアニメ何がしたかったんだろうな
 
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:45:58.91 ID:2RBP9VNf0

れんと「ひとまず片付きましたぁ」

ゆら「こんにちは…ってあれ?」

れんと「あっゆらぴょん」

ゆら「れんちゃん、みんなは?」

れんと「諸事情により欠席です…というか多分二度学校に来ないと思いますぅ」

ゆら「…え?」

れんと「詳しい事情は聞かないであげてくださいね」

ゆら「………」

my18893orXYt5H9p4I6mlBg

hira004927

 
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:50:11.66 ID:p4eFtyK00
チビのウザさが際立ってる
 
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:50:40.14 ID:J6zXn0d+0
あ?チビとメガネdisってんじゃねーぞ
 
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:51:47.94 ID:qwTUBhc80
一番ウザいのはメガネじゃんね
 
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:52:13.32 ID:2RBP9VNf0

ゆら(…私、また一人になるの?)

ゆら(せっかく仲間(抱腹絶倒)ができたのに…結局私は一人ぼっちになる運命なの…?)

れんと「…」ハグッ

ゆら「?」

れんと「大丈夫、私はいなくなったりしませんよ」

れんと「たとえ何があっても、私だけはゆらぴょんのそばにいます」

ゆら「れんちゃん…」

 
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:53:59.29 ID:U1xlXZdN0
アニメはれんゆら推しで困る(歓喜)
 
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:55:08.29 ID:2RBP9VNf0

れんと「わたしだけがゆらぴょんを理解できるんです」

れんと「わたしだけがいればいいんです」

れんと「ゆらぴょんはわたしだけのものです」

ゆら「れ…れんちゃん?」カチッ

ゆら「? なんか踏んじゃった…」

れんと「あ…」

 
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:55:08.29 ID:2RBP9VNf0

れんと「…ゆらぴょんは、無鉄砲で、周りが見えなくて、自己中で、ワガママで、妄想癖があって」

ゆら「え…」

れんと「そのくせ落ち込みやすくて、身勝手で、空気の読めない救いようの無いクズです」

ゆら「そう…だよね、私なんて」

れんと「…でも、でも私はそんなゆらぴょんを受け入れます、そんなゆらぴょんが大好きです」 

ゆら「れんちゃん…」

れんと「さあ邪魔者はいなくなりました、これから私達で作り上げるんです!本当のC3部を!」

ゆら「………!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:55:08.29 ID:2RBP9VNf0

れんと「そーいえばそのスイッチももう処分しないとですねぇ」

ゆら「これのこと? そういえばこれって何なの?」ポチッ

れんと「あっ押しちゃ…」

BT-D2XBCAAA71HE

記事引用元:2ch.sc

キーワード: トリプルレール ライフルスコープ

写真 商品名 価格 製造メーカー
BigDragon トリプルM4マガジンポーチ (Molle対応/CORDURAナイロン製) ACU 3,330円
LXGD トリプルレール ライフルスコープ 3-9×32EG 光度11段階輝度調整可能 20mm マウント一体型 3~9倍 ズーム機能 実銃対応 4,980円
LXGD
LXGD HD30 トリプルレール ドットサイト ダットサイト 1×30 1倍 2色レティクル グリーン レッド 窒素ガス充填 防水/防霧 20mmレール対応 マウント付き スコープ 4,480円
LXGD

当サイトではエアガンやサバゲーの知識がない人・初心者の方にもお楽しみ頂けるよう、初歩的な単語にも解説をつける事があります。
中・上級者の方には見づらいかもしれませんがご理解頂けると幸いです(;・∀・)

6件 のコメント
  • No.1 名無しスナイパー 2013年9月14日@22:08

    どうしてあんなことになってしまったんだ…

  • No.2 名無しスナイパー 2013年9月15日@20:43

    >>扉「ガラララ」

    扉「えっ、俺の出番これだけなの?」

  • No.3 名無しスナイパー 2013年9月16日@0:31

    >扉「えっ、俺の出番これだけなの?」
    ワロタ

  • No.4 名無しスナイパー 2014年7月25日@23:27

    扉くん迫真の一演技

  • No.5 名無しスナイパー 2014年12月25日@0:54

    ちょっww扉やめいwww

  • No.6 名無しスナイパー 2015年1月2日@4:48

    なんでお前らそういうところに着眼すんだよwwwwww

コメントの投稿

コメントも紳士プレイでお願いします(・∀・)ゞ

週間人気ページランキング